読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説

だいぶ前に「博士の愛した公式」を読みました。その時は何も思いませんでしたが、「もしかして、これって老人性の痴呆と似ているんじゃないかな?」と思いました。ぼけている人はついさっきに起こったことも忘れてしまいます。カズオイシグロの「忘れられた巨人」も同じです。過去を全て忘れてしまうことは、いいことばかりではなく悪いことまで忘れてしまいます。忘れてしまった過去を思い出す事は良いことばかりではなく、つらい過去も思い出してしまうのです。ぼけるということは必ずしも悪いことではないのかもしれません。最近そんなことを思いました。