読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シニア

先日、ゴルフの会が有り参加しました。いいことと悪いことがありました。いいことは優勝したことです。悪いことはそれがシニアの部門だったことです。

桜2

先日、通勤にタクシーを使いました。その時の運転手さんは色々なことをよく知っていました。明治通り沿いの街路樹の桜は天現寺から植えてある。港区は区の花がハナミズキなので桜は植えていない。ポトマックの桜の御礼にアメリカはハナミズキを送ってきた、など。桜に関する和歌なども教えてもらいました。博識な方でした。昨日は中目黒の駅の近くを通りましたが、凄い人でした。今年は桜の開花が遅れて入学式に間に合いました。良かったね。

目黒川沿いの桜が咲き始めました。これからしばらくは少し遠回りして桜を見ながら朝の通勤になります。でも桜には少し悲しい思いでしかありません。それでも桜は美しい。

小説

だいぶ前に「博士の愛した公式」を読みました。その時は何も思いませんでしたが、「もしかして、これって老人性の痴呆と似ているんじゃないかな?」と思いました。ぼけている人はついさっきに起こったことも忘れてしまいます。カズオイシグロの「忘れられた巨人」も同じです。過去を全て忘れてしまうことは、いいことばかりではなく悪いことまで忘れてしまいます。忘れてしまった過去を思い出す事は良いことばかりではなく、つらい過去も思い出してしまうのです。ぼけるということは必ずしも悪いことではないのかもしれません。最近そんなことを思いました。

還暦

昨日は沢山の方から還暦のお祝いのお言葉を頂きました。とても有り難かったです。なかでも、診療後にはつだ小児科クリニック、きぬた小児科クリニック、さくらが丘小児科クリニック、ソレイユのスタッフからのサプライズをして頂きました。高級なワインやバラの花束など、そしてスタッフ全員からのメッセージ、こんなにお誕生日で良くして頂いたのは初めてかもしれません。感謝しています。本当に有り難うございました。できることなら来年もお願いしまーす!

今年は色々なことがありました。さくらが丘小児科クリニックの開院、長年の願望であった病児保育室の開室(1月6日予定)。クリニックのみんなの助けがなければ何一つ達成できませんでした。本当に感謝しています。病児保育室に関しては、今まで幾度も開室の計画がありましたが、その度に断れてしまいました。しかし、諦めなければ必ずチャンスは来ると信じて本当に良かったです。これからも茨の道になりますが、みんなの助けを頂きながら頑張りたいと思います。

今までに色々なゲームミートを食べてきました。ワニ(以前はレッドロブスターでもだしていました。鶏肉に似ています)、シマウマ(アフリカで食べました)、カンガルー(オーストラリアレストランで食べることができます)、ウサギ、鹿(蝦夷鹿は良くでますよね)、鳩、雀、鴫(ベキャスと呼び、ジビエでは最高級のものとされている)カエル、などなど。日曜日にイタリアンレストランでクマの赤ワイン煮を食べました。以前アメリカにいたときにボストンでクマを食べたことがありましたが、あまり美味しいとは思いませんでした。こどもは少し癖があると言っていましたが、今回は結構美味しいと思いました。結局は作り方なんですよね。